おすすめ投稿

令和6年 猫の日特別御朱印

令和6年(2024)2月22日【木】は猫の日。(にゃんにゃんにゃん)です。

◎2月22日、猫の日。当社赤猫のご縁より、猫の日特別御朱印を授与いたします。

2月22日【当日参拝で御朱印を受けられる方】のみ、御朱印ハート内の七猫神が【金色の仕様】

◎その他の日は、「ハート内の七猫神が薄桃色」となります。

前もって預け、後日取りに来られる方・郵送申込みの方)は対象外です

◎前もって預け、当日取りに来られる方は対象となります

◎2月22日のみ、【スイーツのお店】【中津からあげ屋さん】が出店します。《chonsa工房さん、中津からあげ本田屋さん》

◎2月22日限定、【味のより道 こごろう倶楽部】さんでは、猫の日ランチをどうぞ!

◎御朱印は、2月22日(猫の日)〜25日(日曜日)4日間受付します。

◎当日来られない方または当日時間が無い方は、予め御朱印帳を預けて戴き当日取りにお見えになるまたは後日取りにお見えになるでも結構です。

駐車場は、境内または表参道下の駐車場になります。(平日の為、福良ヶ丘小学校(臨時駐車場)はご遠慮下さい) 公共交通機関をお勧めします。
上臼杵駅から徒歩五分です。

◎郵送受付中です。(3月5日まで) 

◎当日2月22日受付時間 午前8時〜午後6時

◎郵送希望の方は、下記をご覧下さい。

★★★特別御朱印のご案内です★★★

◆◆◆御朱印の特徴◆◆◆

1◎今年の御朱印、見開き御朱印。

2◎[年月日は猫]がニャンと発声します。まだ、感染症は治まっていませんが、猫たちは、今年からノーマスクとなりました。
「にょく年に月にゃじゅうに日」となります。

3◎「赤猫」こと大塚幸兵衛さんの御子孫が東京在住です。本年も令和六年版「福まねき赤猫」のイラストを描いてもらい、皆様に押印します。

4◎地震・豪雨による自然災害など、不安な世の中ではありますが、やはり皆様に福を授けたい、笑顔で生きてもらいたい事から大招き猫が、七猫神と共に幸せを運びます。

5◎「宮ハート」が押印されます。
☆令和3年3月の事です。ある参拝者が赤猫社付近で空を見上げると「ハート」を発見。なんと、招霊赤猫社のオガタマの樹が「ハート型」に剪定されているのです。これを形作ったのは人間ではありません。〈高くて届きません〉
☆神様のお使いとされる「カラス」が秋になると実を食べにきます。その際にパキパキと枝を折っていくのです。
☆とても不思議な樹。御朱印には七猫神(猫神)の何れかが「宮ハート」に宿ります。良い事がありますようにとお祈りしましょう!

6◎神社拝殿正面に置かれ見守ってくれている「あ・うんの神使」が、厄を祓います。

7◎「奉拝」や「遥拝」の文字は墨書されません。

 

◆◆◆猫との関わり◆◆◆

当神社の御祭神「天神様」は猫とは直接関わりがありませんが、「天神様」は「牛」に縁があるように動物愛護の神様でもあります。
福良天満宮には「赤猫」と言う言葉が伝わります。「猫」のご縁から、2月22日に特別御朱印を授与致します。(令和2年2月22日、参拝者の声からはじまりました)

「猫」のご縁とは明治時代に活躍した、経済の達人こと大塚幸兵衛さんに付けられた愛称が「赤猫」なのです。
400年以上の歴史ある、オガタマノの樹の下に、赤猫は祀られています。

不思議と、お参りすると、その御利益は「何か良いことある」
成功している人の話を良く聞きます。悪い話は無いような。

今では「赤猫」求めて全国より参拝者があります。

今年も、2月22日(木)がやって来ます。

令和6(にょく)年2(に)月22(にゃじゅうに)日、猫の日御朱印考えました。

お参りする機会が増えれば、戴く神徳も高いものとなるでしょう。

どうぞ赤猫様の御利益をお求めにお越し下さい。

2月22日限定です。

このような御朱印ですが(^_^)  宮司は結構気に入ってます(^_^)

 

◎御朱印送付希望の方

◎2月22日「猫の日」のみ御朱印希望の方

ホームページのお問い合わせ「御朱印の申込」より、「2月22日猫の日御朱印を送付下さい」と記入の上、
郵便番号・住所・氏名・連絡先を明記の上申し込み下さい。
「222猫の日特別御朱印」1200円+送料及遥拝賽銭800円(お1人の場合)
合計2000円(招き猫御神饌付)
遙拝賽銭としてお1人100円をお願いしております。(神様にお供えします)
2枚の場合は遙拝賽銭送料含み900円・3枚〜の場合は1000円となります。
合計 2枚の場合は3300円 3枚の場合は4600円 4枚の場合は5900円となります。

◎ご自身の御朱印帳に直書きを希望の方は下記をご覧下さい。

◎ご自身の御朱印帳に墨書希望の方

御朱印帳を送付下さい。受付期間2月5日〜3月5日必着で送付下さい。
申込時に、御朱印帳を送付される事をお知らせの上、福良天満宮宛送付下さい。
お持ちの御朱印帳に「直書」返送の場合は、手数料送料800円となります。(2冊まで)
(+お一人につき遙拝賽銭として100円お願いします)1冊は800円、2冊は900円
3冊は1000円となります。

〒875ー0053
大分県臼杵市大字福良211 福良天満宮 0972(63)2739

◎「冬詣(初詣)」御朱印同時希望の方

「冬詣」の御朱印を希望の方は同時に申し込み下さい。
その場合は、御利益記念品付で送料が800円になります。
「222猫の日御朱印」+「冬詣御朱印」+送料及遥拝賽銭800円(1体の場合)
合計3200円となります。
遙拝賽銭としてお1人100円をお願いしております。(神様にお供えします)
送料は、返信メールにてお伝え致します。

御利益記念品付です。

◎発送について

申込・入金確認後の受付完了となります。
お急ぎの方は、その旨、メールなどでの連絡をお願いします。
受付期間は、2月5日〜3月5日まで
冬詣では、墨書日2月または3月墨書日となります。
発送は、2月下旬〜3月上旬となります。

◎振込先

先ず申込をお願いします。(申込後、入金)

トップページの右上「お問い合わせ」「御朱印の申込」より、申し込みをお願いします。
先に入金だけされる方がおられます。
また、メールが届かない設定になっている場合は解除をお願いします。

申込がされていないと住所連絡先などが分かりませんので宜しくお願いします。

◆◆振込口座◆◆

◇◇◇銀 行◇◇◇

  大分銀行 江無田支店
    普通 223639 宗)福良天満宮 宮司 雄嶋正作
銀行は確認が遅くなります

◇◇◇郵便局◇◇◇

  17240ー11296451 名義 オジマセイサク

郵便局は確認が早いです

「御朱印帳」お求めの方

また別に「御朱印帳」は1500円・「大判サイズ」2200円・「ヒノキ御朱印帳」4500円や「御朱印帳バンド御守」800円(三種類あります)もあります。「御朱印帳」お求めの方は御朱印帳に直書き致します。

また、当社では春4月29日(良い福の日)・夏7月29日(七福神の日)・秋9月29日(来る福の日)・冬1月29日(初福の日)年4回、赤猫社特別御朱印を授与しております。
(次は4月29日、良福の日となります)

4月29日は、うすき赤猫まつりです。

おすすめ投稿

1月29日「初福」特別御朱印授与のご案内

【お見舞い】
このたびの能登半島を中心とした地震・津波などで被災された方々には心からお見舞い申しあげます。また、復興にご尽力されている皆様には、安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。
 一日も早く平穏な生活に戻られることを心からお祈りいたします。

◎◎◎年初めの御縁日【初福日】特別御朱印◎◎◎

当日受付時間 午前8時30分〜午後6時30分

【福徳開運祈願祭 午前8時〜】

☆郵送希望の方は下記にスクロールしてご覧下さい⦅3月5日まで受付⦆

 

 ◆◆◆遙拝御朱印郵送希望の方へご案内◆◆◆

★★★郵送受付中★★★郵送受付中★★★【詳しくは下記へ】

「初福の日」・「冬詣(初詣)」・「猫の日」の特別御朱印郵送受付中。
1月20日〜3月5日郵送受付を致します。

◎特典として「御神饌」を授与致します。

◎御朱印の郵送に付きましては、「129特別」・「冬詣」/「222猫の日」となります。通常御朱印も希望があれば「遙拝」にて承ります。

◎「猫の日」同時に申込みの方は発送が2月22日以降になります。

◎初福(はつふく)特別御朱印

年神様が宿るとされる門松《守護シールお守》の部分に、御守護シールを貼り、御朱印が「道中安全・諸願成就の御守」となります。

◆◆◆初福御朱印の特徴◆◆◆

◎1月29日が年初めの赤猫降臨日であることより、赤猫様が、『福はうちー』と福豆を撒きながら、世の中の諸悪を退治する様子を表します。新年を祝う縁起の良い紅白の福玉を飾り、縁起の良い宝船・幸せ詰まった福袋が皆様に幸せを運び明るい年になるように、願う御朱印です。

◎四方には金色に耀く玄武猫・青龍猫・朱雀猫・白虎猫が護ります。左下中央には今年の恵方を現す恵方盤が年神様を招きます。

◎「福良天満宮」の文字は、舞い込む福を周囲に分かち合う「福分色」(ふくわけいろ)、「初福」の文字は、財宝もたらす「黄金色」(こがねいろ)で墨書し、金銅、金運もたらす御朱印となります。
◎「年」と「奉拝」は、春を待つ、明るい幸せ「薄梅色」(はくばいいろ)で墨書します。

申込については下にスクロールして下記をご覧下さい。

★★★同時に冬詣(初詣)御朱印、受付致します★★★

◎1月20日(大寒)〜3月10日(3月最初の日曜日)
「冬詣季節御朱印」を授与致します。
郵送は3月5日まで申込み分に限ります】

◎冬詣【初詣】(ふゆもうで)

立冬を迎え「冬の訪れ」を告げました。

コロナ感染症も緩和され、令和6年初詣から通常対応のお参りとなります。

当社では令和5年12月22日(冬至)から令和6年3月10日を初詣期間と定め、「冬詣」の季節御朱印を開始致します。

冬詣(ふゆ)御朱印の特徴

◎見開きの「福良天満宮」・「招霊赤猫社」の「冬詣」(初東風)御朱印となります。

◎「福良天満宮」・「招霊赤猫社」は、神々の降臨【神煌色】(かむきらめきいろ)で墨書致します。

◎年月日は、新年を明るく照らし幸を迎える【初日の出色】(はつひのでいろ)で墨書。

◎「初東風」とは、新年に最初に東から吹く(太陽が昇る方向)風の事です。

◎令和6年は「たつ」年。たつは勢いがあり、天空に駆け上ります

◎中央下部には、縁起の良い松竹梅。

◎令和6年は「辰年」。正式には「甲辰」(きのえ たつ)「甲辰」の文字は光り輝く年を願い【金耀色】(きんよういろ)で墨書。

◎右下には、にらむ形相が諸悪を遠ざけ、手招きする事で遠くからの強運を招くとされる「招きたつ」が見守ります。

◎左下には、皆様が幸せになりますように、良縁・金運招きの「招福赤猫」が招きます。

◎辰の昇運で、日本国が平穏で人々が明るく元気に笑顔で過ごせるように、神々に祈る御朱印です。

◎特典、参拝記念品付です。

◆◆◆◆◆◆◆ 御朱印送付希望の方 ◆◆◆◆◆◆◆

◎「初福」特別御朱印のみ送付希望の方

ホームページのお問い合わせより、「1月29日特別御朱印を送付下さい」と記入の上、
郵便番号・住所・氏名・連絡先を明記の上
申し込み下さい。初穂料は1200円(御朱印代+送料500円)合計1700円
「書置」送付となります。
ご自身の御朱印帳を送付の上墨書または御朱印帳お求めの上墨書の場合は「初福のみの方」初穂料2000円(御朱印代1200+送料800)となります。

◎「初福」・「冬詣(初詣)」御朱印同時希望の方

「冬詣(初詣)」の一緒に御朱印を希望の方は「129特別御朱印・冬詣御朱印を送付下さい」と記入の上、申し込み下さい。
その場合は、記念品付で送料(遙拝賽銭含む)が800円になります。
「初福・冬詣両方の方」129初福特別御朱印」+「冬詣御朱印」+送料800円
合計3200円となります。

◎「冬詣のみ」御朱印希望の方

「冬詣」の御朱印(初穂料1,200円) 希望の方は申し込み下さい。
その場合は、参拝記念品付で送料(遙拝賽銭含む)が800円になります。
「冬詣のみの方」「冬詣御朱印」+遥拝賽銭及び送料手数料800円
合計2000円となります。

御利益記念品付。

◎発送について

申込・入金確認後の受付完了、準備出来次第の発送となります。
初福(1月29日)の御朱印受付は1月20日からとなります。
郵送受付期間は、1月20日〜3月5日まで。(直参拝は3月10日まで)
冬詣(初詣)では、墨書日1〜3月となります。

◎ご自身の御朱印帳に墨書希望の方

御朱印帳を送付下さい。受付期間1月20日〜3月5日必着で送付下さい。
申込時に、御朱印帳を送付される事をお知らせの上、福良天満宮宛送付下さい。
お持ちの御朱印帳に「直書」返送の場合は、手数料遥拝賽銭送料800円が必要となります。(2冊まで)3冊は1,000円、4冊は1,200円となります。
A4サイズの大型御朱印帳は1冊1000円の遥拝賽銭送料となります。
〒875ー0053
大分県臼杵市大字福良211 福良天満宮 0972(63)2739

〓〓〓「御朱印帳」などをお求めの方〓〓〓

「御朱印帳」は1500円・「大判サイズ」2200円・「ヒノキ御朱印帳」4500円があります。
「御朱印帳バンド御守」800円(三種類あります)もあります。
「御朱印帳」お求めの方は御朱印帳に直書き致します。

◎振込先

先ず申込をお願いします。(申込後、入金)

トップページの右上「お問い合わせ」「御朱印の申込」より、申し込みをお願いします。
先に入金だけされる方がおられます。
また、メールが届かない設定になっている場合は解除をお願いします。

申込がされていないと住所連絡先などが分かりませんので宜しくお願いします。

返信後、2週間以内にご入金が確認されない方は、キャンセル扱いとなります。

◆◆振込口座◆◆

◇◇◇銀 行◇◇◇

  大分銀行 江無田支店
    普通 223639 宗)福良天満宮 宮司 雄嶋正作
銀行は確認が遅くなります

◇◇◇郵便局◇◇◇

  17240ー11296451 名義 オジマセイサク

郵便局は確認が早いです

 

冬詣(初東風)御朱印ご案内

★御朱印の郵送は1月20日から受付となります。
【現在は直接参拝の方のみ】

令和6年初詣【幸先詣】お参り下さい。

◎「1月29日 初福の日」特別御朱印は後日案内致します。

◎同時に3月10日まで「冬詣(初まいり)季節御朱印」を授与開始致します。 

◎令和6年 冬詣(ふゆもうで)初東風

立冬を迎え「冬の訪れ」を告げました。

コロナ感染症も緩和され、令和6年初詣から通常対応のお参りとなります。

当社では令和5年12月22日(冬至)から令和6年3月10日を初詣期間と定め、「冬詣」の季節御朱印を開始致します。

冬詣(ふゆ)御朱印の特徴

◎見開きの「福良天満宮」・「招霊赤猫社」の「冬詣」(初東風)御朱印となります。

◎「福良天満宮」・「招霊赤猫社」は、神々の降臨【神煌色】(かむきらめきいろ)で墨書致します。

◎年月日は、新年を明るく照らし幸を迎える【初日の出色】(はつひのでいろ)で墨書。

◎「初東風」とは、新年に最初に東から吹く(太陽が昇る方向)風の事です。

◎令和6年は「たつ」年。たつは勢いがあり、天空に駆け上ります

◎中央下部には、縁起の良い松竹梅。

◎令和6年は「辰年」。正式には「甲辰」(きのえ たつ)「甲辰」の文字は光り輝く年を願い【金耀色】(きんよういろ)で墨書。

◎右下には、にらむ形相が諸悪を遠ざけ、手招きする事で遠くからの強運を招くとされる「招きたつ」が見守ります。

◎左下には、皆様が幸せになりますように、良縁・金運招きの「招福赤猫」が招きます。

◎辰の昇運で、日本国が平穏で人々が明るく元気に笑顔で過ごせるように、神々に祈る御朱印です。

◎特典、参拝記念品付です。

1月29日は、「初福」(はつふく)の特別御朱印日です。

毎月25日 菅原道真公特別御朱印授与

★毎月25日は「天神様のご縁日」

天満宮の御祭神菅原道真公は神として祀られ、1100年以上の時が流れました。
学問の神様として名高く、今でも九州では太宰府天満宮が最も参拝者が多いように人々に寄り添ってくれる神様として、今日まで愛され、願いを叶えていただいた方も多い事かと存じます。

6月25日に生まれ、2月25日にお亡くなり、丑年に生まれ、丑の日にお亡くなりになり
幼い時より梅の和歌を詠むなど、梅をこよなく愛した神様です。神紋も梅です。

つまり菅原道真公は、牛と梅と25に御縁のある神様で、全国の天満宮に祀られています。25日がご縁日とされています。

25に御縁があることより、25年毎に大祭が行われます。
以前は平成14年(2002)に1100年大祭が行われました。
以来25年経つと、令和9年に1125年の記念祭を迎えます。

記念大祭では、記念事業や奉祝行事が展開され、社殿の修理など後世に維持継承する為の事業、そして何よりも神様にお喜び戴き、感謝の心を伝える神事が斎行されます。

今年は、道真公に縁のある「丑年」と言うことで、本年度6月25日より、令和9年菅原道真公1125年に向けて、奉賛活動を展開していきたいと存じます。
本格的な取り組みは、令和6〜7年度を予定しております。

この御朱印は、奉賛金(寄付金付)御朱印で、神様の為に奉納し役立てます。
御神威の発揚、神社繁栄の為に、皆様方のご協力をお願い致します。

御朱印の初穂料と特典は、下記のようになります。

◆郵送は受付しておりません(直参拝の方に限ります)

◎1,500円〜(記念品付)
◎3,000円〜(特別記念品付き)
◎5,000円〜(特別記念品+ご芳名ご記帳)

 

受験合格祈願祭受付中

当社は学問の神菅原道真公を祀る天満宮です。

受験合格・学業上達祈願祭を受け付けております。

午前9時〜午後5時まで

初穂料は、5,000円。

御祈願の方(お札・お守りなど授与いたします)

「赤ねこおみくじ」好評授与中

「ニッポンのおみくじ」本に紹介され、また顔の表情が様々であることより、あかねこみくじが好評であります。
人々に縁を招く、金運をもたらす、赤ねこの御利益を戴き、開運をお祈願致しましょう。