カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

1月29日「初福」御朱印について

新年おめでとうございます。

コロナ感染症が未だ収束に向かう気配をみせず、不安の多い世の中ではありますが、皆様にとりまして、笑顔の多い、明るい一年になりますようお祈り致します。

新年を迎えての、初めての「赤猫御縁日」
◎1月29日「初福」御朱印のご案内です。

◎御朱印の郵送に付きましては、GOtoトラベル中止など現在の情勢を考慮して「書置」送付対応のみと致します。(御朱印帳を預かることは致しません)「特別」・「冬詣」のみとなります。

◎郵送に付きましては、現在多用期に付、2月4日以降からとさせていただきます。

◎申込は1月10日から受付致します。

申込については下記をご覧下さい。

◆◆◆初福(はつふく)御朱印の特徴◆◆◆

☆1月29日初福「赤猫降臨日」となります。令和3年の新春御祈願御朱印となります。

☆神社名は「開運の金色」・元号年は「高貴な白藤色」となります。

☆世の中の悪い流れ(コロナ・鬼)を、赤猫が豆まき鬼退治。

☆赤猫様の降臨を、東西南北(青龍・白虎・朱雀・玄武)が力強く見守ります。

☆慶事吉祥の縁起物「松竹梅」が華やかに御朱印を飾ります。

 

◆◆◆冬詣(ふゆ)御朱印の特徴◆◆◆

◎見開きの「福良天満宮」・「招霊赤猫社」の「冬詣」(初まいり)御朱印となります。

◎「福良天満宮」・「招霊赤猫社」は、重厚な「書初色色」で墨書致します。

◎年月日は、寒空に積もる雪、夜も輝く「雪明色」

◎「初東風」とは、新年に最初に吹く風の事です。

◎中央上部には、伊勢神宮の天照大神様の御来光を仰ぎ、昼の神・夜の神が両側に鎮まります。(夜の守・日の守)

◎令和3年は「丑年」。正式には「辛丑」(かのとうし)「辛丑」の文字は金色で墨書。

◎右下には、菅原道真公により疫病を鎮め、明るい繁栄の日本に導いていただきたいと願い、中央下には道真公の眷属「丑」が見守ります。

◎左下には、赤猫が「アマビエ」の衣装をまとい、節分の時期も重なる為、鬼(節分)退治ならぬコロナの収束を願います。

◎疫病が静まり、本来の日本が取り戻せるように願い、人々が明るく元気に笑顔で過ごせるように、神々に祈る御朱印です。

◎特典として、金着(巾着)袋・疫病退散祈願の臼杵みそ・新年仕様しおり守を進呈します。

◎御朱印送付希望の方

◎1月29日「初福」御朱印のみ希望の方

ホームページのお問い合わせ「御朱印の申込」より、「1月29日初福特別御朱印を送付下さい」と記入の上、
郵便番号・住所・氏名・連絡先を明記の上申し込み下さい。
「129初福特別御朱印」+送料及遥拝賽銭300円
合計1300円(初福茶付)

◎「冬詣」御朱印同時希望の方

「冬詣」の御朱印を希望の方は同時に申し込み下さい。
その場合は、御利益記念品付で送料が700円になります。
「129初福特別御朱印」+「冬詣御朱印」+送料及遥拝賽銭700円
合計2700円となります。

御利益記念品は、「金運向上金着」・「免疫力向上祈願お味噌」・「しおり守」
を贈呈します。

◎発送について

申込・入金確認後の受付完了となります。
お急ぎの方は、その旨、メールなどでの連絡をお願いします。
受付期間は、1月15日〜2月28日まで
特別御朱印の日付は1月29日となります。冬詣では、墨書日1〜2月となります。

◎ご自身の御朱印帳に墨書希望の方

今回は御朱印帳をお預かり致しません。
送付されないようにお気を付け下さい。
「書置」送付となります。

◎振込先

先ず申込をお願いします。(申込後、入金)

トップページの右上「お問い合わせ」「御朱印の申込」より、申し込みをお願いします。
先に入金だけされる方がおられます。
また、メールが届かない設定になっている場合は解除をお願いします。

申込がされていないと住所連絡先などが分かりませんので宜しくお願いします。

◆◆振込口座◆◆

◇◇◇銀 行◇◇◇

  大分銀行 江無田支店
    普通 223639 宗)福良天満宮 宮司 雄嶋正作
銀行は確認が遅くなります

◇◇◇郵便局◇◇◇

  17240ー11296451 名義 オジマセイサク

郵便局は確認が早いです

☆御朱印の初穂料について

「特別御朱印のみ」の方

「御朱印初穂料」1000円+送付遥拝賽銭300円=1300円を送金下さい。

◆「特別御朱印」と「冬詣御朱印」の方 

「特別御朱印」1000円+「冬詣御朱印」1000円+送料遥拝賽銭700円=2700円を送金下さい。

「御朱印帳」お求めの方

また別に「御朱印帳」は1500円・「大判サイズ」2200円や「御朱印帳バンド御守」800円(三種類あります)もあります。「御朱印帳」お求めの方は御朱印帳に直書き致します。

冬詣(初まいり)御朱印ご案内

◎12月15日〜2月25日「冬詣(初まいり)季節御朱印」を授与致します。

◎現在の情勢と移動自粛を考慮して「書置」のみ郵送対応を行います。詳しくは「129初福御朱印」のページをご覧下さい。

◎冬詣(ふゆもうで)初まいり

仕様は若干変更される場合があります。ご了承下さい。

11月7日に立冬を迎え「冬の訪れ」を告げました。

しかし、今年は暖冬が続き、12月になり少しずつ本来の冬の訪れを感じるようになりました。疫病の感染拡大が懸念される為、令和3年の初詣は通常とは違う新しい形の長期対応のお参りとなります。

当社では12月15日(月の中日)から2月25日(道真公の命日)を初詣期間と定め、「冬詣」の季節御朱印を開始致します。

異例とはなりますが、初詣の期間を長くとり「初まいり」お参りをお待ち致します。

2月から日本に影響を及ぼしている「新型コロナウィルス感染症」の収束(終息)にはまだまだ時間がかかりそうで、ひき続き疫病退散祈願を行います。感染症対策を遵守の上、素敵な一年となりますようにお参り下さい。

冬詣(ふゆ)御朱印の特徴

◎見開きの「福良天満宮」・「招霊赤猫社」の「冬詣」(初まいり)御朱印となります。

◎「福良天満宮」・「招霊赤猫社」は、重厚な「書初色色」で墨書致します。

◎年月日は、寒空に積もる雪、夜も輝く「雪明色」

◎「初東風」とは、新年に最初に吹く風の事です。

◎中央上部には、伊勢神宮の天照大神様の御来光を仰ぎ、昼の神・夜の神が両側に鎮まります。(夜の守・日の守)

◎令和3年は「丑年」。正式には「辛丑」(かのとうし)「辛丑」の文字は金色で墨書。

◎右下には、菅原道真公により疫病を鎮め、明るい繁栄の日本に導いていただきたいと願い、中央下には道真公の眷属「丑」が見守ります。

◎左下には、赤猫が「アマビエ」の衣装をまとい、節分の時期も重なる為、鬼(節分)退治ならぬコロナの収束を願います。

◎疫病が静まり、本来の日本が取り戻せるように願い、人々が明るく元気に笑顔で過ごせるように、神々に祈る御朱印です。

◎特典として、金着(巾着)袋・新年仕様しおり守を進呈します。

1月29日は、「初福」(はつふく)の特別御朱印日です。

受験合格祈願祭受付中

当社は学問の神菅原道真公を祀る天満宮です。

受験合格・学業上達祈願祭を受け付けております。

午前9時〜午後5時まで

初穂料は、5,000円。

御祈願の方(お札・お守りなど授与いたします)

「赤ねこおみくじ」好評授与中

「ニッポンのおみくじ」本に紹介され、また顔の表情が様々であることより、あかねこみくじが好評であります。
人々に縁を招く、金運をもたらす、赤ねこの御利益を戴き、開運をお祈願致しましょう。